滋賀ゴルフクラブ

GOLF COURSE REVIEW

プロツアーに耐えうる高度な戦略性を備えた「滋賀ゴルフクラブ」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

滋賀ゴルフクラブ

毎年、LPGAツアーのQT(予選会)会場となっており、コースの難易度は決してやさしいとは言い難く、過去幾度にもわたってプロゴルファーが苦戦を強いられてきた滋賀ゴルフクラブ。高度な戦略性と信楽の美しい景観を併せ持つこのゴルフコースの上がり3ホールの攻略法をご紹介します。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    見通しの良いストレートなミドルホール。右サイドはOBゾーンが続くため、左から攻めたいところですが、左サイドには小山があり、グリーンが見えなくなる恐れがあります。狙い目としてベストなのは、フェアウェイセンターにある松の木のやや右を狙って、右サイドのバンカー左に落とせると、グリーンが狙いやすくなります。グリーンは左から右に向けて傾斜しているため、ピンがどこにあっても、グリーンの右手前から攻めるとよいでよう。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    難易度の高い、谷越えのショートホール。グリーン面までは、少し打ち上げになるので、1番手大きめのクラブを選ぶと良いでしょう。グリーン手前のガードバンカーは要注意です。グリーンには奥から手前に向けて強い傾斜があり、ピンの奥にボールをつけると、難しいパッティングになるので、無理にグリーンを狙わずに、手前の花道からアプローチ勝負に切り替えたほうが無難かもしれません。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    池越えの距離のあるミドルホール。ティーイングラウンドは松の木に囲まれていて、圧迫感がある。手前の池は約130ヤードで超えるので、あまり気にしすぎないこと。フェアウェイ左サイドはOBゾーンになっているので、右サイドのバンカーの左につけると良い。セカンドショットは打ち上げになるので、大きめのクラブを選択してください。ただし、グリーンは奥から手前に向かった受けているので、奥につけると難しいパッティングが残ることになる。

ページの先頭へ
ページの先頭へ