しがらきの森カントリークラブ

GOLF COURSE REVIEW

「しがらきの森カントリークラブ」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

しがらきの森カントリークラブ

信楽高原のなだらかな丘陵地に位置し、アップダウンの多いアウトコースとフラットで広めのフェアウェイが特徴のインコースに分かれた丘陵コース。ドッグレッグや谷越え、池越えホールに加え、600ヤードを越えるロングホールや距離の短いミドルホールなど、ホールごとの距離の差が大きく、距離感が掴みづらい。距離感を正確に把握することがスコアメイクに繋がる。左右から迫り出した木々がティーショットにプレッシャーを与えるが、フェアウェイは広くとられているので、豪快なショットでコースを攻略したい。


  • ホール図
    ホールNo16番ホール16番ホール16番ホール16番ホール

    距離の短い上りのミドルホール。ティーショットは、打ち上げになるがフェアウェイは広いので、豪快なショットでキャリーを出したい。2打目地点からはさらに打ち上げていて、左足上がりのショットが要求される。グリーンの左右手前と右奥にバンカーが配置されており要注意。打ち上げ分を想定したクラブ選択がカギを握る。グリーンは、右手前から奥へ上りとなるため、ピンの右手前につけて上りのラインを残したい。

  • ホール図
    ホールNo17番ホール17番ホール17番ホール17番ホール

    池越えのショートホール。目の前に広がる池と迫り出した木々がプレッシャーとなり、ピンまで遠く感じるが、花道は広いので、ミスを気にせずピンをデッドに狙っていきたい。若干の打ち下ろしと、風の影響を受けやすいホールなので、状況に合わせたクラブ選択が必要になる。また、グリーン左手前のバンカーはアゴが高く要注意。グリーンは、比較的フラットなので、ピンに絡めば十分にバーディーが狙える。

  • ホール図
    ホールNo18番ホール18番ホール18番ホール18番ホール

    右ドッグレッグのミドルホール。右サイド約230ヤードにあるバンカーが効いていて、フェアウェイ左サイドを狙いたくなるところだが、左につけてしまうと、2打目はグリーン左手前のガードバンカー越えの難易度の高いショットが必要になる。ティーショットは、多少リスクを負ってでも右サイドのバンカーのやや左、もしくは最低でもフェアウェイセンターにはつけたいところ。2打目からは若干の打ち下ろしになるので、クラブ選択は慎重に。グリーンはアンジュレーションがきつく波を打ったような形状になっており、ピンの位置に関係なく難易度は高い。

ページの先頭へ
ページの先頭へ