白浜ゴルフ倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

雄大な太平洋を見下ろす南国リゾート「白浜ゴルフ倶楽部」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

白浜ゴルフ倶楽部

コース全体を通して複雑なアンジュレーションになっており、打つ前には必ず状況を確認しながらプレーすることが大切。特にグリーン周りにはアゴの高いバンカーが多く、グリーンを狙う2打目が勝負の鍵になる。グリーンには高麗芝を使用しており、パットの際は芝の目を見極めなければ思わぬ方向にボールが転がっていってしまう。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    右ドッグレッグのミドルホール。ティーショットは海からの風が強く吹くため、風向きを確認して左狙い。右に着けてしまうとコースに迫り出した松の木でグリーンが見えなくなってしまうので要注意。2打目は上りがきついので1、2番手大きめのクラブを選択すること。グリーンの位置がみえにくく、周囲にはアゴの高いバンカーが設置されているので正確なコントロールが必要になる。グリーンは奥から手前に傾斜しているため、手前から攻めること。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    左ドッグレッグのロングホール。ホール全体のアンジュレーションがきつく、ティーショット以外の全打席がつま先上がりになる。ティーショットは風の向きを確認してフェアウェイ右狙いで。左に着けるとグリーンが林で隠れてしまうので要注意。2打目でショートカットも可能だが、グリーン周りのスペースが狭く、すぐにOBになってしまうので外した場合のリスクは大きい。安全に刻んでグリーン手前からのアプローチ勝負する方が確実。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    高低差の激しい池越えのショートホール。距離感を掴むのが難しいので、クラブ選びは慎重に行うこと。一番の問題は風の影響で、風が強い日にはかなりボールが流されてしまうので、打つ前に充分方向を確認すること。グリーンはアンジュレーションが複雑で、グリーンのどの位置に着けても難易度が高い。しかも高麗芝特有の順目、逆目といった芝の流れも大きく影響するので、パットの際にはラインの見極めが重要になる。

ページの先頭へ
ページの先頭へ