スプリングゴルフ&アートリゾート淡路

GOLF COURSE REVIEW

美しい景観と戦略的なゴルフコースを兼ね備えた「スプリングゴルフ&アートリゾート淡路」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

スプリングゴルフ&アートリゾート淡路

淡路島の小高い丘陵地に立地し、自然の地形を最大限に活かしたゴルフコース。池越えのショートホールや谷越えのロングホールなど、特徴的なホールが多く、戦略的なコースレイアウトがプレーヤーを待ち構えている。グリーンも約10フィートという早さに設定されており、「リゾートだから」と安易な気持ちでコースに出ると、とんでもない結果になってしまうだろう。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    このホールは、ティーイングラウンドの向きがターゲットの右を向いており、ティーマーカーのとおりスタンスを取ると、右側OBになりやすいので注意が必要。2グリーンになっており、左グリーンの場合は問題ないが、右グリーンの場合には、ティーショットで右サイドにつけると右の山がスタイミーになるため、フェアウェイやや左サイドが狙い目。2打目はグリーン手前のバンカーに注意。グリーン奥のスペースが思った以上に狭いため、OBにも注意したい。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    フラットな地形の左ドッグレッグのミドルホール。コースの幅が狭いため、ショットの精度が重要になる。ティーショットでは左のOBに意識がいってしまい、右にOBするプレーヤーが多い。まずは真っすぐフェアウェイをキープすることだけに集中すること。2打目はグリーン手前のバンカー群に注意したいところだが、嫌がってピンの奥につけてしまうと、その後のパットで苦しむことになるので、ピンの手前を狙うことが攻略のカギ。パッティングはフラットな地形にだまされてはいけない。山の傾斜があり、見た目以上に傾いているので、しっかりとラインを読むこと。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    ティーイングラウンド立ったら、まずは打つ前に景色を楽しみ、落ち着きを持つことが大切。ティーショットでは、目の前の谷を気にせずホテルに向かって打つイメージで。距離が短い分、打ち上げになっているので、しっかりと飛ばして2打目へと繋ごう。2打目は打ち上げの傾斜に加えて、つま先上がりのアンジュレーションがかかっているため、思った以上に左に飛びやすいので注意が必要。2グリーンの右グリーンはフラットで比較的やさしいが、問題は左グリーン。2段グリーンになっており、ピンの段を外すと、パッティングの難易度は一気に跳ね上がる。

ページの先頭へ
ページの先頭へ