洲本ゴルフ倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

「洲本ゴルフ倶楽部」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

洲本ゴルフ倶楽部

コースの基本設計は、数々の名門コースを担当した上田治氏によるもので、見た目の美しさと、難易度の高さが最大の特徴。上田氏設計のコース特有のアゴの高いバンカーや、自然のアンジュレーションをいかしたグリーン周りなど、ベテランプレーヤーでも簡単には攻略できない難所が点在するので、コースをしっかり把握した上できちんとした戦略を立てて挑みたい。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    打ち下ろしのショートホール。距離はそこまで長くないものの、狙い所がかなりシビア。グリーンの左手前、右奥とグリーン周りはバンカーだらけ。さらに、グリーンの左脇からボールをこぼすと、強い傾斜を転がり落ちて隣の15番ホールに達してしまうことも。この場合、OBにはならないものの、難易度が高いショットが残り、大叩きしてしまう可能性があるので注意が必要。このホールではピンの位置に関係なく、まずはグリーンセンターを狙って確実にのせることが最重要。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    池が絡むミドルホール。ティーショットで注意すべきはボールの落とし所。フェアウェイ左200ヤード付近に連続してバンカーがあり、これを嫌って右側につけると2打目でグリーン手前の池が大きなプレッシャーになる。2オン狙いなら最悪でもフェアウェイ真中より左をキープたいところ。2打目を打つ前にはピンの位置の確認が必須。グリーンは左から右へ高くなる2段グリーンになっており、ピンのある段にのせなければパッティングの難易度がかなり高くなる。もし右側の段にピンがある場合は池のリスクも考えて、グリーン左側から寄せワンを狙うのがベター。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    ストレートなミドルホール。ティーショットは150ヤード付近まで、若干の打ち上げになっているので先が見えないが、フェアウェイ右はバンカーとOBがあるので避けたいところ。打ち下ろしになる2打目は、グリーンをはずした場合のリスクがかなり高いので、落としどころには充分注意したい。右手前にはくぼみとバンカー、奥にもバンカー、左手前には深いグラスバンカーがあり、アンジュレーションも複雑だ。さらに、グリーンは奥が高く、受けグリーンになっており、場合によっては花道からのアプローチに切り替えるのが賢明な判断かもしれない。

ページの先頭へ
ページの先頭へ