サンリゾートカントリークラブ

GOLF COURSE REVIEW

「サンリゾートカントリークラブ」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

サンリゾートカントリークラブ

コース攻略において重要な要素がショットの方向性と距離感。多くのホールで池が絡むショットが求められる。フェアウェイには複雑なアンジュレーションが施され、方向性をしっかりと出していかないと池につかまってしまう。また、大きなバンカーがショットの落とし所に配置されており、距離感を誤れば、思わぬトラブルに。状況に応じて、臨機応変に対応できる選択肢を常に意識してショットに臨むことが求められる。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    左ドッグレッグのミドルホール。ティーショットは打ち下ろしになっているものの、210ヤード左と、260ヤード右に大きなバンカーが設置されているので、距離よりもフェアウェイキープを優先させてショットすること。2打目付近のフェアウェイは比較的フラットだが、グリーン左手前にバンカー群があり、方向性に自信が無い場合は、グリーン右手前の花道に落としてから寄せワンを狙うのも有り。グリーンは、手前は受けているが、グリーンセンターを越えた辺りで奥へ下っているので、ピンの位置に注意して攻めること。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    池が絡むフラットなミドルホール。ホールの左を、ティーイングラウンドからグリーン横まで池が伸びているので、引っかけはNG。ティーショットは、250ヤードを越えた辺りから徐々にフェアウェイが狭くなるので、欲を出して飛ばすよりも、230ヤード付近で止めておくのが吉。スプーンの使用も選択肢の一つ。2打目は、つま先上がりのライになるので注意が必要。方向性をしっかりと確認しないと思いもよらない方向にボールが飛ぶことも。左の池も気になるがグリーン右のアゴの高いガードバンカーも気になる。グリーンは受けているが、2段グリーンになっているので、ピンの位置を確認してからショットすること。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    フラットなロングホール。左に大きな池が広がり、その縁を沿うようにレイアウトされているので、当然引っかけは禁物。ティーショットでは池を避け、フェアウェイ右サイド狙いで。若干、打ち下ろしになっているので距離を稼ぎたいが、風の影響を受け易いホールなので、ショットの精度が最大限に試される。セカンドショットでは、飛距離のある方なら2オンも可能だが、グリーン左から奥まで囲うように池が広がり、またグリーン奥にはバンカーも配置されているので、2オンを狙うには高いリスクが伴う。ここは無理をせず、フェアウェイ右サイドに刻み、フラットな花道を利用して確実に寄せるのが吉。グリーン面はフラットなので、3打目はピンをデッドに狙っていきたい。

ページの先頭へ
ページの先頭へ