太平洋クラブ六甲コース

GOLF COURSE REVIEW

「太平洋クラブ六甲コース」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

太平洋クラブ六甲コース

全体的にフラットなレイアウトが並ぶコースはフェアウェイも広く、ロケーションも素晴らしい。しかし、プレーヤーの特性に合わせ計算されたバンカーと池の配置はプレーヤーを迷わせ、ティーショット、セカンドショット、アプローチに至るまで常に的確な判断を迫られる。狙いを誤れば次のショットの難易度は格段に上がり、複雑なアンジュレーションが施されたグリーンはピンの位置によって高度な駆け引きを強いられる。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    緩やかな右ドッグレッグのミドルホール。ティーショットを右側に着けると、フェアウェイに迫り出した木々がスタイミーになり、セカンドショットでグリーンが狙いずらくなるので、フェアウェイセンターよりも左側狙いがセオリー。このホールではグリーン周りにバンカーはないが、深い窪みやグラスバンカーが配置されているので、ショットの際には注意が必要。グリーンは、奥から手前に下っているので、ボールをピンの手前に着けて、上りのパッティングを残すことがグリーン攻略のポイント。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    距離の長いショートホール。ここで注意すべきポイントは、グリーン周辺のバンカーの配置とクラブ選択。ピンまでの距離ギリギリのクラブを選んでしまうと、少しの誤差でグリーン手前の大きなバンカーに捕まってしまう可能性が高い。回避するには大きめの番手を選び、グリーンの奥を狙う位の気持ちで。手堅く攻める場合は、グリーン左手前のスペースに一度落としてからアプローチで寄せることも選択肢の一つ。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    左ドッグレッグのミドルホール。距離がしっかりとあるので、ティーショットで飛距離を出せなければ2オンは難しい。狙い所はフェアウェイセンターよりやや右。フェアウェイ左サイドにつけてしまうと、セカンドショットが池越えになり、プレッシャーがかかる。グリーンは、右奥から左手前に下る2段グリーンとなっているので、ピンのある段にのせなければパッティングで困難を強いられる。

ページの先頭へ
ページの先頭へ