太平洋クラブ宝塚コース

GOLF COURSE REVIEW

「太平洋クラブ宝塚コース」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

太平洋クラブ宝塚コース

太平洋クラブ宝塚コースを攻略するには、正確なボールコントロールと距離感が必要不可欠。複雑なアンジュレーションが施されたフェアウェイは足場が不安定になり、ショットの精度と方向性を欠く。グリーン周りの傾斜も複雑で、落とし所によってはミスショットの連鎖を招きかねない。また、グリーンの難易度も高く、パッティングラインをよみ切れなければスコアを崩す要因になる。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    S字に曲がったミドルホール。左右にOBが伸びているので、ティーショットは距離よりも方向を重視。距離も短めなので、ドライバーではなくフェアウェイウッドでセンターよりやや左を狙う。2打目で注意すべきはグリーン周辺のガードバンカー。高いアゴと砲台グリーンの高低差により、グリーンを外すと困難を強いられる。グリーンは左手前から奥へと上る2段グリーンになっており、ピンより奥にボールを着けてしまうと、パッティングの難易度が格段に上がってしまう。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    距離のある池越えのショートホール。ピンの位置によっては200ヤードを超える距離になるので、距離に余裕のあるクラブ選択を。また、ホールの左側が吹き抜けている分、風の影響も受けやすい。打つ前には風向きをしっかりと確認し、手前両脇に配されたバンカーを避けてグリーンにのせることを第一に考えること。グリーンは受けているため手前から攻めるのが定石だが、うねりのあるアンジュレーションになっているので、パッティングにも細心の注意が必要となる。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    左ドッグレッグのミドルホール。ティーショットはフェアウェイセンターよりやや左狙い。ロングヒッターは230ヤード正面のけやきの木を越えるとOBになるので要注意。2打目はグリーンの右手前のアゴの高いガードバンカーが大きなプレッシャーになる。ピンが右側に位置する際は、ピンをデッドに狙わず、グリーンセンターに乗せることだけに専念した方がリスクが小さい。グリーンは受けているため、ピンの手前につけてパッティングへ繋げるのが良い。

ページの先頭へ
ページの先頭へ