タカガワオーセントゴルフ倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

「タカガワオーセントゴルフ倶楽部」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

タカガワオーセントゴルフ倶楽部

全体的にフラットでスタンダードなレイアウトが多いが、それだけにプレーヤーの実力が問われるコースと言える。コース攻略において最も重要となるのがパッティング。どのホールもグリーンのアンジュレーションが複雑で、ただ乗せるだけではなく、ピンをデッドに狙っていかなければ、簡単に3パットを打ってしまうことになる。


  • ホール図
    ホールNo16番ホール16番ホール16番ホール16番ホール

    谷越えのショートホール。距離がしっかりあるので、長いクラブでのショットの正確性が要求される。谷から吹き付ける風の影響を受けやすいため、クラブ選択が重要なカギを握る。攻め方としては、左のOBゾーンを避けて右側から狙いたい。ピンが左に切ってある場合は、難易度が上がるので要注意。グリーンは受けているので、ピンの手前につけて上りのパットを残すこと。複雑なアンジュレーションがあるので、ロングパットは寄せることも困難。2パットならOKのホールである。

  • ホール図
    ホールNo17番ホール17番ホール17番ホール17番ホール

    フラットなミドルホール。ティーショットは、ドライバーの飛距離に応じて戦略が異なる。190〜220ヤード地点のフェアウェイ左右にバンカーがあるため、ロングヒッターなら、右バンカー(約220ヤード地点)越しでフェアウェイを狙いたい。確実に攻めるなら、左バンカー(約190ヤード地点)に注意しつつ、フェアウェイセンターからやや右側狙いで。2打目はグリーンが砲台になっているので、1番手大きめのクラブを選択すること。グリーン周辺のガードバンカーはアゴが高く注意が必要。グリーンは馬の背のようになっていて、ピンの位置によって難易度が大きく変わる。

  • ホール図
    ホールNo18番ホール18番ホール18番ホール18番ホール

    左ドッグレッグのミドルホール。ティーショットは、フェアウェイセンターよりもやや左を狙って、出来るだけ距離を稼ぎたい。ロングヒッターは、約220ヤードでフェアウェイ左側のバンカーを越すことができるので、ショートカットを狙っていきたい。2打目は、グリーン左の縦長の池に要注意。距離が残っている場合は、無理にピンを狙わず、刻んで3打目で狙うのも選択肢の一つ。グリーンは受けてはいるが、2段になっているので、ピンの位置を確認してピンハイにつけたい。

ページの先頭へ
ページの先頭へ