高室池ゴルフ倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

「高室池ゴルフ倶楽部」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

高室池ゴルフ倶楽部

なだらかな丘陵地に広がるコースは全体的にフラットで、赤松を中心とした木々でセパレートされている。コースを攻略する上でポイントとなるのは、プレーヤー自身の決断力。フェアウェイの微妙なアンジュレーションやグリーン周りのバンカー、ピンの位置などをしっかと把握した上で、飛距離重視のプレーにするのか、刻んで確実にボールを運ぶのか、各ホールの状況に合わせた柔軟な対応が必要となる。的確なディレクションが必要な戦略性の高いゴルフコースです。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    しっかと距離のあるストレートなショートホール。このホールで一番気を付けなければならないのが、グリーン左手前にある窪み。右のバンカーを嫌って左に曲げてしまうと、アプローチの難易度がかなり上がってしまう。またグリーンは馬の背になっており、パッティングが難しい。ピンが手前にある場合はデッドにグリーンを狙わず、花道からのアプローチ勝負に切り替えるのも選択肢の一つとして考えておく方が良いだろう。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    右ドッグレッグのミドルホール。ティーショットで注意すべきは、右サイドのコースに迫り出した木々。ショートカットを狙って右サイドを狙いすぎると思わぬトラブルになることも。ここは安全にフェアウェイ左サイドを狙うこと。セカンドショットでは、グリーン左手前にあるアゴの高いバンカーと窪地には絶対に入れないこと。ピンが左の方にある場合は、無理に狙わずグリーン右サイドにのせる事だけを考える方が良い。グリーンは右から左に傾斜しているため、ピンがセンターから右にある場合は、できるだけピンの左につけて上りのラインを残したいところ。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    左ドッグレッグのミドルホール。このホールの一番のポイントはティーショット。左のバンカーまでは約190ヤード、右バンカーまでは約230ヤードとなっており、捕まりやすい場所に設置されている。ショットの精度に自信が無い場合は、無理に飛距離を伸ばそうと考えず、残り距離を計算してフェアウェイキープに切り替えること。セカンドショットは、グリーン周りのバンカー群に入れないよう、ピンの位置に関係なくグリーンにのせる事を第一に。グリーンは奥に向かって傾斜しているが、極端にボールが流れる訳ではないので、グリーンにオンさせることに専念すること。

ページの先頭へ
ページの先頭へ