田辺カントリー倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

「田辺カントリー倶楽部」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

田辺カントリー倶楽部

このコースを攻略する上で重要なのが、ショットの精度とコースの傾斜を見極めること。丘陵地だが大きなアップダウンがなく、比較的フラットに感じるホールが多い。しかし、その感覚に陥るのは要注意。コースの各所には微妙な傾斜があり、見極めを誤りショットをすると思わぬ方向に飛んでしまう。コース内に留まれば良いが、草木が生い茂る林などに入ると、脱出が困難になる。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    池越えのミドルホール。ティーイングラウンドにたつと、目の前はすべて池。ティーショットで力んでしまい、スライスやフックになってしまうと、ホール両サイドに位置するバンカーの餌食に。但し、ティーショットでフェアウェイを捉えることができれば、セカンドでグリーンにのせることは難しくない。グリーンは複雑なアンジュレーションがあり、落としどころによっては難しいラインでのパッティングを強いられるので注意が必要。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    右手前に池のあるプレッシャーのかかるショートホール。打ち下ろしホールのため距離感を掴みづらく、グリーン上は風が抜けるため、クラブ選びが難しい。 表示距離どおり打つと手前のバンカー群に捕まってしまうが、一方で大きめの番手を選ぶと、グリーン奥が狭いため飛びすぎてOBになることもある。ピンの位置に関わらず、バンカー群を避けてグリーン左を狙うのがおすすめ。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    少しアップダウンのあるミドルホール。ティーショットはクラブハウスを目がけて打つこと。ホールが少し左に曲がっているので、フェアウェイ真ん中よりも右側を狙うのがおすすめ。左過ぎると大きな木々によってグリーンが見えないので要注意。2打目で注意しなければならないのが微妙な傾斜。傾きを計算して打つ方向を確認しなければ、グリーン四方に在るアゴの高いバンカーの餌食になってしまう。

ページの先頭へ
ページの先頭へ