東条ゴルフ倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

「東条ゴルフ倶楽部」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

東条ゴルフ倶楽部

コース攻略の最大のポイントはバンカー対策。コース上の絶妙な位置にレイアウトされたバンカーは、不思議なことに、重要な場面で必ずと言っていいほど、プレイヤーの前に大きな壁となって立ちはだかる。また、距離感の取りづらさもこのコース特有のもの。周辺の景観と一体化したコースデザインや、広々としたフェアウェイゆえに、実際よりもグリーンやピンが遠くに見えてしまう、まるで騙し絵のような性質を持ったコースであることを常に頭に入れてプレーしたい。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    ストレートなショートホール。ティーショットを打つ前にしっかり確認しておきたいのが、グリーンの形状とピンの位置。グリーンは右奥が上段、右手前が中段、左奥が下段の3段グリーンになっており、やみくもにグリーンにのせるだけでは、パッティングの難易度が上がり、かえってスコアを崩すことにもなりかねない。例えば、ピンの位置が左奥の下段にある場合は、グリーン左のバンカーに入れるつもりで打つ方が賢明だと言える。このバンカー自体は深くないので、アプローチで寄せワンを狙う戦略で。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    左ドッグレッグのミドルホール。ティーショットでは、左山裾の奥、約240ヤード付近に大きなバンカーがあるので、飛距離に自信があるプレーヤーでも欲は出さずに、フェアウェイセンターを狙うのがセオリー。そして、このホールで一番のポイントがセカンドショット。グリーン周辺が大きくうねり、グラスバンカーも配置されているので、グリーンを外すとアプローチがかなり難しくなる。また、グリーン自体の奥行きが狭いので、距離感にも細心の注意が必要だ。グリーンは中央が比較的広いので、ピンの位置に関係なく、まずはここを狙ってグリーンにのせることだけに集中したい。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    緩やかな右ドッグレッグの打ち下ろしロングホール。距離はそこまで長くはなく、ロングヒッターなら2オンも充分に狙える。ティーショットでフェアウェイの右につけてしまうと、つま先下がりのライがきつく、ピンを狙うのが難しくなるので、左サイドにつけるのがポイント。グリーンは広く、手前から奥に向かって急な上りの傾斜なので、ピンの位置と狙い所をしっかり確認してからショットにのぞみたい。手堅く攻める場合は、グリーン左に一度落としてからアプローチで寄せる手も。

ページの先頭へ
ページの先頭へ