東条パインバレーゴルフクラブ

GOLF COURSE REVIEW

「東条パインバレーゴルフクラブ」上がり3ホールの攻略法をご紹介。

東条パインバレーゴルフクラブ

東条パインバレーゴルフクラブ

フラットな地形に設計された18ホールはフェアウェイが広く、大きめのワングリーンは開放的。コースには、適度に配置されたバンカーや池が点在するが、しっかりと狙い所に打っていければ、ベストスコアを狙うことも可能。ただし、アウトコースはドッグレッグやOBを意識させられるホールがあり、ボールの落としどころなど、コース攻略の難易度が高い。


  • ホール図
    ホールNo16番ホール16番ホール16番ホール16番ホール

    左ドッグレッグのミドルホール。ロングヒッターは、左のバンカー越えを狙っていきたいところ。約230ヤードでバンカー越えが可能。成功するとフェアウェイ真ん中の絶好のポジションにボールをつけることができる。安全にいきたい場合はフェアウェイ右狙いで。フェアウェイが右から左に傾斜しているので、フェアウェイセンター狙いでは左バンカーにつかまることがあるので注意が必要。セカンドショットは、グリーンセンターのマウンドに注意しながら、ピンの位置をよく確認してデッドに狙っていきたい。パッティングは、グリーンセンターのマウンドの影響で微妙なアンジュレーションが入っているので要注意、正確なタッチとライン読みが勝負となる。

  • ホール図
    ホールNo17番ホール17番ホール17番ホール17番ホール

    池越えのショートホール。大きな池がグリーン手前に広がるが、周囲は開けており、あまり複雑な風が吹き抜けることはないので、ティーイングラウンドで感じた風を信じて、しっかりと打っていきたい。ただし、大きめのクラブ選択は禁物。グリーンは受けており、ピンの奥につけると下りのパッティングを残すことに。池からグリーンまでは距離もあり手前の花道は広く、グリーンにとどかなくても問題ないので、ギリギリの番手で打っていくことをおすすめする。ピンの手前につけて、上りのパッティングに持ち込めばチャンスは広がる。

  • ホール図
    ホールNo18番ホール18番ホール18番ホール18番ホール

    クラブハウスを望むミドルホール。ティーショットは、とにかく左が厳禁。190ヤードでバンカーに、さらにその奥にはOBゾーンが広がっているので、ここは右狙いで。セカンドショットは打ち上げになり、グリーン面が見えないので距離感に注意が必要。また、フェアウェイがつま先上がりのライなので、ショットの方向性も要注意。無理をせず、2打目は花道狙いで3打目勝負という方法も有効。このホールもグリーンは受けているので、ピンの手前から上りのパッティングにつなげたい。

ページの先頭へ
ページの先頭へ