東条の森カントリークラブ東条コース

GOLF COURSE REVIEW

「東条の森カントリークラブ東条コース」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

東条の森カントリークラブ東条コース

コース攻略に必要なのは飛距離だけではない。長い距離に加えて微妙なアンジュレーションも施されており、ショットの方向性を誤れば、軌道修正は多大な労力が必要となる。また、砲台グリーンも多く、その周囲にはアゴの高いバンカーも配置されている。距離感をしっかりと意識し、高い球でピンポイントに狙わなければ、スコアを縮めることは困難だろう。ただ、飛距離を出すことばかり意識しすぎるとミスショットの原因になるので、しっかりと残り距離を計算し、計画的に攻めるのがコース攻略のポイントとなる。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    距離のあるロングホール。フェアウェイ右サイドは、右からせり出している木々によりスタイミーになるため、ティーショットはセンターよりもやや左を狙うこと。2打目で注意すべきはボールの落とし所。グリーン手前から打ち上げになっており、フェアウェイ右サイドからの傾斜が非常に強く、つま先上がりのショットが残るので要注意。グリーン面が見えない3打目は距離感を掴むのが難しいので、ピンの位置を確認してから高い球を意識したショットが必要。グリーンは比較的フラットなので、アプローチではしっかりとピンに寄せたいところ。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    距離の長いショートホール。打ち下ろしにはなっているが、地形的に風の影響を受けやすいので、風の方向には要注意。アゲインストの風が強い場合は、打ち下ろしの距離を意識しない方が良い。また、グリーン手前にアゴの高いバンカーが配置されているので、ピンが手前にある場合は奥につけるようにすること。グリーンの難易度はそれほど高くないので、まずはグリーンに乗せることだけを考えたほうがよい。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    右ドッグレッグのミドルホール。このホールはロングドライブは不要。これまでのホールで飛距離を必要とされてきた分、つい力みがちになってしまうが、ティーショットは220ヤード先の右サイドのバンカーにだけ捕まらなければ良い。フェアウェイを捉えることに集中すること。もしラフに落としてしまうと2打目が厄介。芝の抵抗に負けて飛距離がでない分、グリーン手前のバンカーに入りやすくなってしまうので、その場合はできるだけ奥を狙うつもりで、大きめの番手を選ぶ方が良い。グリーンはすり鉢状になっていて、下りのラインにつきやすいのでパッティングは慎重に。

ページの先頭へ
ページの先頭へ