東条の森カントリークラブ宇城コース

GOLF COURSE REVIEW

「東条の森カントリークラブ宇城コース」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

東条の森カントリークラブ宇城コース

このコースで一番の特徴は、多くのホールで池が絡むこと。特にinコースは、ほぼ全てのホールで池が絡んでいる。全体的に見晴らしが良く、コースディレクションにおいて悩むホールは多くないものの、ショットの方向を誤れば、高い確率で池やハザードが待ち構える。また、スコアメイクで求められるのはパッティングの精度で、どのホールもグリーンに複雑なアンジュレーションがあり、ピンの位置によってはかなり困難を強いられる。パッティングに自信が無いプレーヤーには厳しいコースとなっている。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    ストレートなミドルホール。ティーショットで注意すべきは、200ヤード付近にある左バンカーを避けること。但し、バンカーを嫌って右に行き過ぎると、セカンドが池越えのショットになるので要注意。グリーンは受けており、ピン手前につけて上りのラインを残すことがポイント。グリーンはアンジュレーションが強いので要注意。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    距離の短いミドルホール。ここで一番注意すべきは左側に広がる大きな池。フェアウェイ右サイドが斜面になっており、多少ボールが右にいっても、斜面で戻ってくるため、ここは右サイド狙いで。フェアウェイ左サイドからだとグリーン奥が狭く、少しでもショートすると手前のビーチバンカーに捕まってしまうため、ピンポイントの攻めが要求される。グリーンには微妙なアンジュレーションがあるので、花道に着けてアプローチで確実に寄せることも考えられる。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    緩やかな左ドッグレッグのロングホール。左サイドには、グリーン手前まで伸びた池があるので、コースの右サイドを意識してボールを進めること。セカンドショットで2オンを狙うのなら、池だけでなくグリーン手前の両サイドにあるガードバンカーに要注意。グリーン面は複雑な形状になっているので、パッティングに自信が無い場合は、無理に2オンを狙わず刻むのがおすすめ。グリーンは手前が盛り上がり、奥が下がっていたりとかなり複雑な傾斜になっているので、充分にラインを確認して、集中してパッティングに臨むこと。

ページの先頭へ
ページの先頭へ