月ヶ瀬カントリークラブ

GOLF COURSE REVIEW

「月ヶ瀬カントリークラブ」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

月ヶ瀬カントリークラブ

コース攻略において重要なのが、セカンドショットの方向性と距離感。グリーン奥が狭いホールが多いため、特に打ち下ろしのセカンドショットではグリーンをオーバーしないよう距離感に注意が必要。アウトコースは、比較的傾斜が緩やかだが距離があるので、飛距離を意識したショットが求められる。インコースは複雑な傾斜のホールが多く、足元の状況に応じた繊細なショットが必要になる。


  • ホール図
    ホールNo16番ホール16番ホール16番ホール16番ホール

    打ち下ろしのロングホール。ティーショットは、フェアウェイ230ヤード地点にある吹き流しをターゲットに豪快なショットを。セカンド地点からも打ち下ろしが続き、左足下がりのショットになるため、クラブ選択は1番手短くするのが無難。2オンも十分に狙えるが、グリーン手前のガードバンカーには要注意。グリーンは受けているため手前から攻めるのがベストだが、微妙なアンジュレーションがあるのでライン読みは慎重に。

  • ホール図
    ホールNo17番ホール17番ホール17番ホール17番ホール

    距離の短いミドルホール。約230ヤード地点のフェアウェイ両サイドにバンカーがあるが、フェアウェイ幅は広いので、あまり意識せずフェアウェイセンター狙いで。セカンド地点からはやや打ち下ろしており、グリーン奥が狭いのでクラブ選択は慎重に。約200ヤード地点のフェアウェイが比較的フラットなので、ティーショットではFWやUTを選択し、2打目のアイアンショットでピンをデッドに狙うのも選択肢の1つ。グリーンは左から右に下っているので、ピンの右手前につけて上りのパッティングに持ち込みたい。

  • ホール図
    ホールNo18番ホール18番ホール18番ホール18番ホール

    緩やかな打ち下ろしのミドルホール。ティーショットは前方に見えるクラブハウス方向狙い。フェアウェイ幅が広いので、約230ヤード地点にあるフェアウェイ両サイドのバンカーはあまり意識する必要はないが、フェアウェイセンターやや右に立っている大きな木には注意が必要。木の右側につけてしまうと、ピン位置によっては木がスタイミーになり、グリーンを直接狙えなくなることも。2打目はグリーン両サイドにあるガードバンカーに要注意。特に左のバンカーはアゴが高く、入れてしまうと大叩きの可能性もある。グリーンは、左奥から右手前へ下りとなるため、ピン右手前につけること。

ページの先頭へ
ページの先頭へ