ウエストワンズカンツリー倶楽部

GOLF COURSE REVIEW

「ウエストワンズカンツリー倶楽部」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

ウエストワンズカンツリー倶楽部

コース攻略のカギを握るのは、ショットの精度とパッティング。フェアウェイにはこぶ状のうねりがあり、グリーンには複雑なアンジュレーションが施されている。ホール間をセパレートする木々は低く数も少ないため、コース全体が広く見渡せるが、距離感を掴むのが難しい。闇雲に飛ばすだけでは攻略は難しく、いかに正確なショットが打てるかが攻略のカギを握る。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    距離の長い打ち下ろしのミドルホール。ホールの左側にはクリークが続き、ドローヒッターには厳しい設定に。ティーショットはフェアウェイセンター狙いで。右のバンカーはアゴが高く、入ってしまうとパーオンは難しい。2打目はピンの位置を確認して落とし所を判断する必要がある。ピンがセンターにある場合はピンをデッドに狙っても問題ないが、右奥や左にピンが切られている場合は、グリーンセンター狙いかもしくは、グリーン手前に落として寄せワンを狙うのも手。グリーンはうねりがきつく、アンジュレーションも複雑なため、無理をすると簡単に3パット、4パットしてしまうので要注意!

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    右ドッグレッグのミドルホール。距離はあまりないので、飛距離よりも方向性を重視。ホールの右側は深いラフとバンカーが続いているので、少し遠回りでもセンターから左側を攻めていくのが定石。ショートカットは失敗した時のリスクが高いので無理な勝負は禁物。2打目はグリーン右手前にバンカー、左にグラスバンカーが設置されており注意が必要。グリーンは受けているが、波打つような複雑なアンジュレーションが施されているので、花道に落として手前からアプローチで寄せるのも選択肢の一つ。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    フラットでストレートなロングホール。左側にはグリーンまで池が伸びている。ティーショットはセンター狙い。右側に打っても傾斜で戻ってくるが、アンジュレーションが複雑なのでできるだけ避けたい。2打目はクラブハウスに向かってフェアウェイセンターへ。左の池を嫌がって右に打ちすぎると、アゴの高いバンカーに掴まってトラブルに。グリーンは受けているので、ピンの手前につけること。

ページの先頭へ
ページの先頭へ