山の原ゴルフクラブ

GOLF COURSE REVIEW

「山の原ゴルフクラブ」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

山の原ゴルフクラブ

チャンピオンコースとして名を馳せる山の原コース。距離も長くフェアウェイも広いので、ティーショットでできるだけ距離を稼ぎたい。攻略のポイントは、グリーン周辺のバンカー対策とパッティング。波打った傾斜からのアプローチはショットの精度を欠き、複雑なアンジュレーションが施されたグリーンはラインを読むのが難しい。各ホールともリスクマネジメントを視野に入れた組み立てをしなければ、少しのミスでスコアにも大きく影響してしまうので要注意。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    谷を挟んだショートホール。打ち下ろしのため、ティーショットは約10ヤード程度短めに。グリーンが小さく奥のスペースも狭いので、距離を誤ると手痛い目にあう。風の影響も受けやすいので、まずはグリーンにのせることを最優先に狙うのがお勧め。ティーイングラウンドからは草木で見えずらいが、グリーン右手前には広いスペースがあるので、確実に攻めたい場合は、一度手前に落としてからアプローチで寄せることも戦略の一つ。グリーンは奥から手前に下っているので、ピンの手前につけて、上りのパッティングを残すのが吉。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    ほぼストレートなロングホール。160ヤード右と200ヤード左に大きなバンカーが待ち構えているので、ティーショットは精度を重視してフェアウェイ真中狙い。右サイドに着けてしまうと、次のショットで松林がスタイミーになるので避けたい。グリーン手前右サイドには大きな池が2つ連なっているので、2打目はフェアウェイ左サイドから。グリーン周辺はうねりがあり、ガードバンカーの数も多いので、グリーンを積極的に狙うよりも自分の得意な距離を残すのが得策。グリーンは左から右に下っているので、ピンよりも右に着けて、上りのパッティングを残したい。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    上り傾斜が続くミドルホール。200ヤード付近の両サイドに、縦に長いバンカーがあるので、ティーショットはフェアウェイ真中狙い。セカンドショットのポイントは距離感。砲台グリーンと緩やかな上り傾斜が距離感を鈍らせるので、1番手大きめのクラブでしっかりとショットすること。グリーン右手前と左のガードバンカーには絶対に入れないよう、グリーン奥を狙う気持ちで。一見、フラットに見えるグリーンも、どの方向からも微妙なアンジュレーションが効いているので、しっかりとラインを読み切れるかが勝負。

ページの先頭へ
ページの先頭へ