よみうりゴルフウエストコース

GOLF COURSE REVIEW

「よみうりゴルフウエストコース」の上がり3ホールの攻略法をご紹介。

よみうりゴルフウエストコース

コース攻略にはピンの位置やアンジュレーション、落とし所に至るまでしっかり考えられたルート計画が必要になる。ホールの真ん中には多くのクロスバンカーが配置されていたり、グリーン手前にバンカー群があったりと、微妙な距離感の読み違いで予期せぬ結果を招くことも。また、フェアウェイには、うねりやアップダウンが施されていて、思い通りのショットができない場面が多い。打つ前にしっかりと狙い所を決め、明確なイメージを持って臨むことがコース攻略の鍵となる。


  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    真っ直ぐなロングホール。打ち下ろしとなるティーショットでは両サイドのバンカーに注意し、フェアウェイの真ん中を狙う。セカンドショットはグリーンに向かって打ち上げになっており、手前と奥にはバンカーが配置されているため、フェアウェイウッドなどで2オンを狙うと、バンカーに捕まる危険性が高い。欲を出さずに左手前を狙い、アプローチ勝負が望ましい。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    谷越えのショートホール。ティーショットを打つ際、両脇の木が視界を狭くしているため、グリーンが遠くに見える。距離をしっかりと把握し、打ち下ろしの分も含めた慎重なクラブ選択が必要になる。また、グリーンを囲むように池とバンカーが配置されているため、スライスやドローの打球を打つプレーヤーはリスクが高い。その日のショットの調子によっては、手前の花道を狙う方が安全性も高い。

  • ホール図
    ホールNoコース写真1コース写真2コース写真3コース写真4

    打ち上げのミドルホール。ティーショットで注意しなければならないのが、ホールの真ん中に配置されたクロスバンカー。これを越えるには約200ヤードのキャリーに打ち上げの分もプラスされた飛距離が必要となる。セカンドショットはグリーン手前の両脇に配置されたバンカーに注意。花道も狭いためバンカー手前に落としてアプローチで勝負をするか、バンカー奥を狙うつもりでショットをすることをオススメする。

ページの先頭へ
ページの先頭へ