2段グリーンの攻め方

2段グリーンの攻め方

2段グリーンの攻め方

Lesson.112

馬場ゆかりプロと小林正則プロが、 松本進ストラテジーコーチを交えて、2段グリーンの攻め方をレッスン!
グリーン周りからのミスを防ぐ方法を伝授します。


馬場ゆかりプロのポイント

馬場ゆかりプロのポイント

2段グリーンを攻める時は、ランを使ってピンに寄せる方が、ミスも少なく安全です。特にアマチュアゴルファーの方には、ランニングアプローチがオススメです。そのため、SWやAWではなく、少しロフトが立ったクラブ(PWなど)を選択するようにしてください。グリーン周りで一番やってはいけないミスが”チャックリ(ダフリ)”です。ロフトが立ったクラブは、小さいスイングで大きくランを出せるため、チャックリのミスを防ぐことができます。ピンまで距離がある場合、その距離に応じてもっとロフトが立った9Iや8Iなどを柔軟に選択してください。

馬場ゆかりプロのポイント

馬場ゆかりプロのポイント


小林正則プロのポイント

小林正則プロのポイント

2段グリーンの手前からのアプローチショットでは、ピンの段につけることが最低条件です。上りの2段グリーンで奥の段にピンが切ってある場合、僕は54度のウェッジで上の段までキャリーで乗せて寄せるアプローチを選択します。大切なことはピンと同じ段に乗せること。ランニングアプローチでもピッチエンドランでもどちらでもOKですが、自分にとって安心感のある、ミスが少ない最良の方法を選択してください。

小林正則プロのポイント

小林正則プロのポイント


松本進コーチのアドバイス

松本進コーチのアドバイス

2段グリーン攻略のカギは、何と言ってもピンが切ってある段に確実にボールを乗せることです。もちろんベタピンにつけられればベストですが、あまり自分にプレッシャーをかけ過ぎて、手前の段に残したり奥にこぼしてしまっては元も子もありません。最低でも2パット以内で上がるために、同じ段に乗せることだけを考えてショットしてください。

松本進コーチのアドバイス

松本進コーチのアドバイス


ページの先頭へ
ページの先頭へ