短い距離のアプローチ

短い距離のアプローチ

動画を見る

POINT.01

スイングを緩めない

短い距離のアプローチで一番大切なことは、スイングのスピードを緩めないこと。短い距離だからといって、つい力加減で距離を合わそうとするとダフリやトップなどのミスショットの原因になります。

POINT.02

クラブを短く持ちコンパクトに

短い距離を打つには、クラブをいつもより短く持ち、スイング全体をコンパクトにして打つことが大切です。


POINT.03

距離の調整はテイクバックの大きさで

距離の調整は力加減でするのではなく、テイクバックの大きさで調整し、スイングを緩めずに振り抜くことが短い距離を打つコツです。距離感に関しては、テイクバックの大きさを変えながら何度も練習をして掴んでいってください。


ページの先頭へ
ページの先頭へ