グリーン奥の傾斜地からのアプローチ

グリーン奥の傾斜地からのアプローチ

動画を見る

POINT.01

傾斜に沿って構える

ボールを上げようとして傾斜に逆らって立つとミスの原因になるので、傾斜に逆らわず、傾斜に沿って構えることが重要。たとえば、左足下がりの傾斜地の場合には、左足に体重をかけ、傾斜に沿って自然に立つことが大切です。

POINT.02

ボールの位置はいつもよりも右側に

左足下がりの傾斜地の場合には、いつもよりもボールの位置を右側にすることが重要。ボールを右側に置くことにより、傾斜地でもダフらずにボールをヒットすることができます。


POINT.03

クラブを短く持つ

クラブを短く持って、コンパクトなスイングをすることが重要。決して無理にボールを上げようとしないことが大切です。

POINT.04

イメージを大切に

アプローチショットでは、イメージが重要。ボールの高さや落とし所を決めてからショットすることが大切です。


ページの先頭へ
ページの先頭へ