失敗しないアプローチショット

失敗しないアプローチショット

動画を見る

馬場由美子プロのアドバイス

傾斜地からのアプローチショットは足場が安定しずらく、いつも通りのフォームでショットをするのは難しいでしょう。しかも今回は、左足下がりになっている分、距離感を掴むのが難しく、ピンに寄せることばかり考えると、思った以上に強く打ってしまい、ピンを大きく越えてしまいます。まずは「いつも以上にボールが転がる」ことを考慮して、手前に落とすことを意識しましょう。狙いどころが決まれば、あとは「グリーンにのせる」ことに意識を集中させるだけです。

POINT.1

ランを使って寄せる

下り傾斜の強い場所からのアプローチショットは、ボールを上げづらく、転がりやすいので、落としどころを手前に設定して、ランを使って寄せることが大切です。

POINT.2

まずはグリーンオンさせること

この状況で一番避けるべきことは、ピンに寄せようという意識が強すぎてミスショットをしてしまうことなので、多くを求めず、まずはグリーンに乗せることだけを意識することが大切です。


松本進コーチのアドバイス

ゴルフで大切なことは、もちろんスコアを縮めることですが、無理に勝負に出てしまうと気持ちに余裕がなくなり、悪循環へと足を踏み入れてしまう原因になります。また、今回は難しい状況でのアプローチショットなので、余計にリスクは高くなってしまいます。まずは状況をしっかりと把握し、「どうすればリスクが少なくなるのか」を考えるようにしましょう。思ったよりピンに寄らなかったとしても、次のショットで取り返すには十分な位置にボールはあるはずです。

POINT.1

リスクの少ないショットを考える

完璧なショットでグリーンを直接狙うよりも、PWなどロフトの立ったクラブでグリーン手前から転がしたり、状況に合わせてより簡単なショットを選択することが大切です。


ページの先頭へ
ページの先頭へ