寄せワンのコツ

寄せワンのコツ

動画を見る

馬場ゆかりプロのアドバイス

グリーン周りからのアプローチは、スコアメイクにとって大切なショット。上手くワンパットで切り抜ければパーを拾えるチャンスです。ただし、寄せワンを狙うには、デリケートなタッチが求められ、グリーンの硬さや芝の速さ、形状や傾斜等も計算に入れなければうまく行きません。今回のように、ピンまでの間にマウンドがある状況であれば、手前から転がすのか、上げて落とすのか、ボールのライなども踏まえ状況に合わせて選択する必要があります。

POINT.1

グリーンの硬さと速さを確認する

スタート前の練習グリーンで、その日のグリーンの状態を確認し、グリーンの硬さや速さを把握しておくことが大切です。

POINT.2

ベストな攻め方を考える

ピンまでのグリーンの形状とボールのライを確認し、POINT.1で確認したグリーンの硬さと速さを踏まえ、「転がして寄せる」ランニングアプローチか、「上げて転がす」ピッチエンドランか、「上げて落とす」ロブショットか、3通りのなかから自信の持てるショットを選択しましょう。


松本進コーチのアドバイス

寄せのアプローチは、簡単そうに見えてとても難しいショットです。スイングをする際の力加減の難しさは、誰もが悩むことでしょう。しかし、そればかりを考えて、寄せのアプローチで重要なターゲットとグリーンの傾斜を意識せずにショットに入っていませんか?ボールの落下地点の傾斜を考え「ボールが落下してからどういう転がりをするのか」までイメージすることが大切です。距離感はバッチリでも思わぬ方向に転がってしまえば、それだけ次のパッティングの難易度は高くなってしまいます。

POINT.1

ボールの落下地点の傾斜を考慮する

ボールの落下地点の傾斜を考慮してショットすることが大切です。傾斜の強さと転がる方向を計算して打つことができれば、精度は格段に上がるでしょう。


ページの先頭へ
ページの先頭へ