深いラフから狙うアプローチ

深いラフから狙うアプローチ

動画を見る

馬場ゆかりプロのアドバイス

馬場ゆかりプロ

グリーン周りからのアプローチは、勝負を左右する重要なショットです。ピンに寄せるには、しっかりと距離感を把握してイメージをつくりながら素振りをしましょう。その時に重要なのは、転がりを計算に入れてイメージすることです。深いラフからのアプローチでは、ボールにスピンがかかりにくく、思った以上にボールが転がってしまうので、手前からの転がりをイメージしてショットに臨みましょう。素振りをして、芝の抵抗を確認しておくことも大切です。

POINT.1

ランを計算に入れてボールの落としどころを決める

ランを計算に入れてボールの落としどころを決める

深いラフからのアプローチでは、ボールにスピンがかかりづらいので、ターゲットの手前にキャリーさせてランを使って寄せることが大切です。

POINT.2

芝の抵抗を確認しておく

芝の抵抗を確認しておく

素振りの際には、ボールと同じライで芝の抵抗を充分に確認しておきましょう。


松本進コーチのアドバイス

松本進コーチ

アマチュアゴルファーでよく見かけるのが、ショットの際にフェイスを開き過ぎてザックリしてしまう光景です。深いラフからのアプローチは難しく、プロでもない限り無理に勝負をする場面ではありません。ピンに寄せることばかりを考えると視野も狭くなり、無駄な力みが出てミスに繋がる原因になってしまいます。まずはグリーンに乗せることを優先してその後のパッティングで勝負をする方が、リスクも少なく楽な気持ちでショットに臨むことができるでしょう。

POINT.1

グリーンに乗せることを優先する

グリーンに乗せることを優先する

ピンに寄せることばかりを考えて、リスクの高い難しいショットを選択するのではなく、まずは、グリーンに乗せることを優先させて、ミスの少ないショットを選択しましょう。


ページの先頭へ
ページの先頭へ