打ち上げのアプローチショット

打ち上げのアプローチショット

動画を見る

馬場ゆかりプロのアドバイス

馬場由美子プロ

自分の目線よりも高い位置にグリーンがある場合、事前の情報を頼りにショットをしなければならないので、グリーンの形状と残りの距離をしっかりと確認しておきましょう。そのとき大切なのは、ピンまでの距離だけでなく打ち上げの分も計算に入れることです。いつもよりも少し遠くに飛ばすイメージでショットに臨むとよいでしょう。また、今回のようにラフにボールがある場合、強めに打つことを意識し過ぎてしまいがちですが、力加減で飛距離を調節するのではなく、振り幅で飛距離を調節するように心がけましょう。

POINT.1

イメージよりも少し大きめに打つ

イメージよりも少し大きめに打つ

打ち上げ分を計算に入れて、自分のイメージよりも大きめに打つことを心がけましょう。

POINT.2

振り幅で飛距離を調節する

振り幅で飛距離を調節する

力加減で距離を調節すると、思ったよりも強く当たって思わぬミスを招くこともあるので、なるべくクラブの振り幅で距離を調節しましょう。


松本進コーチのアドバイス

松本進コーチ

打ち上げのアプローチショットでは、思った以上にボールが飛んでしまい、グリーンオーバーしてしまう光景をよく目にします。それだけなら良いのですが、バンカーに入ったりOBになると、スコアを大きく崩してしまう原因になります。そのリスクを回避するためにも、ピンをデッドに狙うのではなく、転がして寄せる意識を持ちましょう。特にラフからのショットでは、ボールにスピンがかかりにくいので、ピンの手前に落としても充分にボールは転がっていきます。

POINT.1

転がりを計算して手前に落とす

転がりを計算して手前に落とす

ピンをデッドに狙うのではなく、ランを計算して手前からピンに寄せることを心がけると、リスクも少なく安全です。


ページの先頭へ
ページの先頭へ