バンカー越えのバンカーショット

バンカー越えのバンカーショット

動画を見る

馬場由美子プロのアドバイス

またバンカーに入ってしまったり、OBになったらどうしょうなどと考えてしまうと、身体が硬くなって、いつも通りのバンカーショットが出来なくなってしまいます。大切なのはバンカーやOBを気にしないで、「自分がどんなバンカーショットを打ちたいか」とイメージを持つことです。また、ピンを狙いすぎてしまうことも緊張につながる原因です。「最低限バンカーから脱出する」という気持ちでバンカーショットに入ることができれば、緊張もなく良い流れになるでしょう。

POINT.1

打ちたいショットをイメージする

バンカーやOBを意識しすぎると、スイングが硬くなりミスショットにつながります。障害物を意識せず理想のショットをイメージしましょう。

POINT.2

狙い過ぎず最低条件を設定する

ピンポイントで狙いをつけてしまうと、外した時のリスクが大きくなってしまいます。まずはバンカーから脱出することが大切なのです。


松本進コーチのアドバイス

緊張する場面では「やってはいけない」ではなく、馬場由美子プロのように「何をすべきか?」を意識することが大切です。また、距離がある場合や高いアゴを目の前にすると、自然と力んでしまい、スイングスピードが速くなってボールに高さが出にくく、ミスへと繋がってしまいます。振り幅を大きくし、柔らかく振ることで高さが生まれ、余裕のあるショットが打てるでしょう。

POINT.1

ミスを意識しすぎない

「してはいけない事」を意識すればする程、悪循環にはまってしまいがちです。「何をすべきか」を意識してポジティブに考えましょう。

POINT.2

大きい振り幅でやわらかく振る

長い距離の場合は、特にスイングが速くなりミスにつながります。ふり幅を大きくしてやわらかく打つことで、打球に高さが生まれ、余裕を持って打つことができるでしょう。


ページの先頭へ
ページの先頭へ