傾斜の強いバンカーショット

傾斜の強いバンカーショット

動画を見る

馬場由美子プロのアドバイス

左足下がりのバンカーショットは、ボールを上げづらく、またバックスピンもかけづらい状況のため、プロゴルファーでもピンに寄せることが難しいショットです。無理にピンを狙うのではなく、最低限グリーン内にボールを止めることを意識し、グリーンの傾斜を使ってボールを寄せるようにしましょう。

POINT.1

転がりを利用してピンへ近づける

左足下がりの場合、バックスピンがかかりにくいので、直接ピンを狙うのではなく、ボールの転がりを利用してピンへと寄せるようにしましょう。

POINT.2

グリーン内に止めることを意識する

悪条件のバンカーショットの場合、打ちすぎは禁物です。狙いすぎず、ボールをグリーン内に止めることに集中しましょう。


松本進コーチのアドバイス

バンカーの傾斜とグリーンの傾斜、そして奥行きの狭さなど、悪い条件が重なった状況でショットをするのはプレッシャーになり、失敗すればその後のプレーにも影響します。このような状況の時は、まずグリーンを広く見ることが大切です。「どこを狙えばリスクが少ないのか?」を意識して状況判断が出来れば、気持ちにも余裕が生まれます。また、難しいショットの場合はいつもより、寄せの許容範囲を広めにとって、パターで勝負する位の気持ちで臨むことが大切です。

POINT.1

バンカーの傾斜やグリーンの傾きを考えて狙う

ピンの方向ばかりを狙うのではなく、グリーンの傾斜も考慮して、仮にミスしてもリスクの少ない場所を探して狙う方向を決めましょう。

POINT.2

寄せる範囲を広く考える

難しい状況を理解し、寄せワンを狙うのではなく、3打までは許容範囲と考えて、4打以上の大たたきをしないように意識することが大切です。


ページの先頭へ
ページの先頭へ