距離のあるバンカーショット(馬場ゆかりプロ編)

距離のあるバンカーショット(馬場ゆかりプロ編)

動画を見る

馬場ゆかりプロのアドバイス

バンカーショットにおいて最も重要なのは、1回でバンカーから脱出させることです。飛ばそうとしたりピンに寄せようと意識し過ぎると、それだけ無駄な力みが生まれ、ダフリやトップの原因になってしまいます。まずは基本を忘れずにスイングすることが大切です。また、バンカーショットだからとサンドウェッジばかりを選択するのではなく、ボールのライやピンまでの距離に応じてクラブを選択することで、距離をコントロールすることができます。

POINT.1

しっかりと左足に体重をかける

ボールを上げようと意識しすぎると右足に体重がかかってしまい、身体が起き上がってくるので、しっかりと左足に体重をかけて打ちましょう。

POINT.2

スイングを止めずに振り抜く

スイングを止めてしまうと、ダフリやトップの原因になってしまいます。スイングのスピードを緩めずにしっかりと振り抜きましょう。


松本進コーチのアドバイス

ピンまで距離がある場所でバンカーに入ってしまった場合、どうしても気分は沈みがちになってしまいます。そうなってしまうと、余計に身体は固くなってしまい周りも見えなくなってしまいます。まずはしっかりと状況を確認し、落ち着いて解決策を考えましょう。グリーンの傾斜によっては、出すだけで転がりを利用してピンに寄せることも考えられます。それだけでも気持ちに充分、余裕が生まれるはずです。

POINT.1

打ちやすいクラブで出すことを考える

アゴの高さや砂の状況などを把握した上で、使い慣れたクラブを選択しましょう。自分にとって一番楽な方法を考えることで、気持ちにも余裕が生まれます。


ページの先頭へ
ページの先頭へ