バンカーショットの極意

バンカーショットの極意

動画を見る

馬場由美子プロのアドバイス

グリーン手前でのバンカーショットは、バンカーから脱出するだけではなく、ピンにも寄せなければなりません。しかし色々なことを考え過ぎると、大事なポイントを忘れてしまい、ダフリやトップといったミスに繋がる原因になってしまいます。まずはバンカーから脱出することを第一に考えてショットに臨みましょう。今回のようにアゴの高いバンカーの場合、ピンが見えづらい分、プレッシャーが掛かりますが、しっかりとフェイスを開いてボールを高く上げるイメージで振ることが大切です。

POINT.1

バンカーから脱出することを考える

バンカーから脱出することを考える

ピンを狙いすぎると、色々と考えてしまい力みに繋がるので、まずはバンカーから脱出することを第一に考えてください。

POINT.2

フェイスをしっかりと開く

フェイスをしっかりと開く

クラブのフェイスをしっかりと開いて、ボールを遠くに飛ばすのではなく、高く上げるイメージでショットしてください。


松本進コーチのアドバイス

バンカーショットでよくあるミスがダフリとトップです。その多くはショットの際に生まれる力みが原因で、力が入ってしまうことで身体が先行してしまい、上手くクラブが振れ切れていないからです。ミスを無くすためには、まず身体をリラックスさせることが重要です。そうすることで無駄な力が抜け、クラブの重さを利用して振り抜くことができます。またバンカーショットで大切なのが「エクスプロージョン(爆発)」です。ボールを直接打つのではなく、クラブのバウンスを利用して、砂と一緒に爆発させるように飛ばすことで、多少ボールの前後がズレても十分に飛ばすことができます。

POINT.1

バウンスを利用して柔らかく振る

バウンスを利用して柔らかく振る

力ではなく、クラブの重さを利用して砂を爆発させてください。その際、力まず柔らかく振り抜くことが大切です。


ページの先頭へ
ページの先頭へ