スタートホール ティーショットの心構え

スタートホール ティーショットの心構え

動画を見る

馬場由美子プロのアドバイス

朝一のティーショットは、誰でも緊張するものです。今日はどのようなゴルフになるのか、期待と不安で必要以上に緊張してしまうので、私の場合は、出来るだけ何も考えずに、平常心で朝一のティーショットを行います。もちろん、ターゲットや風の状況なども考慮して打って行くのですが、いきなり良いショットを打とうなどとは考えずに、狙った方向に打つ事だけを心がけて打ってください。

POINT.1

ターゲットを明確にする

打ちたい方向を確認し、目標をはっきりとさせることで、ショットの精度も変わってきます。

POINT.2

風の状況を計算に入れる

特に打ち下ろしの場合、風の影響を受けやすいので、打球の流れをイメージすることが大切です。


松本進コーチのアドバイス

朝一のティーショットは、体も硬く緊張もあるため、普段通りのショットは出来ないものです。もちろん狙い通りのショットが出来れば良いのですが、仮にミスショットになったとしても、所詮は数あるショットのうちの一打なので、考えすぎないことが大切です。例えば、練習場などではミスショットが出ても、大して気にせず、次々に打って行くと思います。いずれは、普段通りのショットが出てくると考えて、次に引きずらないことがゴルフを良い流れに持って行く秘訣です。

POINT.1

ティーショットの結果を意識しすぎない

スタートホールのティーショットとは言っても、あくまで数あるショットの中の一打として捉えて、結果を意識しすぎないことが大切です。


ページの先頭へ
ページの先頭へ