戦略的なドライバーショット

戦略的なドライバーショット

動画を見る

馬場由美子プロのアドバイス

まずはホールの形状とピンの位置を確認しておきましょう。ティーイングラウンドに立ったら、落ち着いて風やOBの場所を確認して、状況を把握してください。狙うポイントを探す際に大切なのは「次のショットを打つ時にどこから打てば打ちやすいか?」を考えること。せっかく思った通りのショットができたとしても、次のショットが打ちにくい場所では意味がありません。飛距離も大切ですが次のショットを考え、狙った所にボールを飛ばす意識でショットに臨みましょう。

POINT.1

2打目が打ちやすい場所を狙う

ただ飛ばすのではなく、出来るだけ次のショットが打ちやすくなる場所を狙いましょう。

POINT.2

持ち球に合わせてフェアウェイを広く使う

自分の持ち球に合わせてどのようなラインで攻めるかをイメージし、フェアウェイを広く使うことが大切です。


松本進コーチのアドバイス

幅の狭いホールのティーショットでは特に、ターゲットをどこにとるかで難易度が大きく異なります。常にフェアウェイの真ん中を狙うのではなく、多少のミスも許容できる場所にターゲットをとることで、心に余裕が生まれ、プレッシャーを軽減することができます。また、難しいホールだからと必要以上に意識をせず、いつも通りの自分のテンポを守ることも大切なことです。
 

POINT.1

ミスを回避できるポイントを狙う

常にフェアウェイの真ん中ばかりを狙うのではなく、多少のミスも許容できるポイントを探してターゲットを決めましょう。

POINT.2

いつも通りのショットを心掛ける

難しいホールだからと必要以上に意識をして、素振りの回数を増やすなど、普段のルーティンを変えるのは逆効果です。どのような状況でも、いつも通りのテンポでショットに臨むよう心掛けることが大切です。


ページの先頭へ
ページの先頭へ