曲げないドライバーショット

曲げないドライバーショット

動画を見る

馬場ゆかりプロのアドバイス

馬場ゆかりプロのアドバイス

勝負どころでのドライバーショットは、プロでもプレッシャーのかかる場面です。何度も練習を重ねて身に付いたスイングも、少しの迷いや焦りで簡単に崩れてしまいます。そんな時はまず、気持ちを落ち着かせて無理をせず、良いイメージとタイミングを意識して打つよう心がけましょう。また、遠くに飛 ばそうと思うと大振りになってしまい、ミスショットの原因になるので、コンパクトにスイングすることがショットの方向性を安定させるポイントです。

POINT.1

自分のスイングに徹する

自分のスイングに徹する

気持ちを冷静に保ち、良いイメージとタイミングを意識して、自分のスイングを行うこと。

POINT.2

グリップを短く握りコンパクトにスイングする

グリップを短く握りコンパクトにスイングする

ボールの方向性を安定させるためにも、いつもよりグリップを短く握り、大振りは控えてコンパクトなスイングを心がけてください。


松本進コーチのアドバイス

松本進コーチのアドバイス

ドライバーショットが難しいとされている理由の一つが、クラブの長さによるボールとの距離感です。特に一般の方は、ボールまでの距離が遠く感じてしまい、プレッシャーを抱える原因になります。そこでポイントとなるのが、クラブを握る位置です。クラブを短く握ることで、よりコンパクトにスイングすることができ、ミスショットの確率を下げることができます。また、無駄な遠心力も抑えられるので、身体の回転と腕の振りのズレを防ぐ効果があります。

POINT.1

グリップを短く握る

グリップを短く握る

グリップを短く握ることで、遠心力を抑えたスイングが可能になります。身体の回転と腕の振りのズレがなくなり、ショットの方向性と精度を上げることが出来ます。


ページの先頭へ
ページの先頭へ