ここ一番のドライバーショット

ここ一番のドライバーショット

動画を見る

馬場ゆかりプロのアドバイス

馬場ゆかりプロのアドバイス

ここ一番の場面で飛距離の出るドライバーショットを打つには様々な条件が必要です。スイングのスピードはもちろんのこと、タイミングやボールへのインパクト、ティーの高さまで計算しなければなりません。また、ホールの形状やフェアウェイの広さも充分に確認しましょう。いつもよりも遠くへ飛ばすことは、それだけリスクが伴います。勝負をかける上で充分なシチュエーションであるかを見極めることも重要なポイントの一つです。

POINT.1

高くティーアップする

高くティーアップする

いつもよりも高くティーアップすることで、ボールの弾道を上げることができます。そのためにも、普段の練習からティーの高さを使い分ける必要があります。

POINT.2

左手を緩めずしっかりと握る

左手を緩めずしっかりと握る

しっかりとクラブを振り抜くためには、左手のグリップをしっかりと握りましょう。ただし、身体に力が入って固くなってしまわぬよう注意が必要。


POINT.3

できるだけ長くヘッドにボールを乗せる

できるだけ長くヘッドにボールを乗せる

ボールをより前へと飛ばすためには、できるだけ長い時間ヘッドにボールを乗せることが大切です。

POINT.4

フィニッシュまでスピードを緩めない

フィニッシュまでスピードを緩めない

飛距離を伸ばすためには、ボールのインパクトからフィニッシュまで、ヘッドスピードを緩めないことが大切です。


松本進コーチのアドバイス

松本進コーチのアドバイス

飛距離のあるドライバーショットを打つことは、ゴルファーの誰もが追い求めるテーマです。遠くへ飛ばすことができれば、良い流れを引き寄せるきっかけにもなります。しかし遠くへ飛ばすことを意識し過ぎると、無駄な力が入りスイングが崩れてしまうこともあります。そうなると、ヘッドスピードが落ちてしまい、飛距離を伸ばすどころか、いつもよりも飛ばなくなってしまう恐れがあります。ここ一番の場面だからこそ気持ちを落ち着かせて、平常心でショットに挑みましょう。

POINT.1

力みのないスイングを心がける

力みのないスイングを心がける

飛距離を意識してスイングすると力みの原因になります。力まずヘッドスピードを上げることを心がけましょう。


ページの先頭へ
ページの先頭へ