打ち上げのティーショット

打ち上げのティーショット

動画を見る

馬場由美子プロのアドバイス

馬場由美子プロのアドバイス

打ち上げのホールでは、ボールを上げたいという意識が働き、ダウンスイングで上体が起き上がりやすくなります。スイングバランスが崩れると飛距離はもちろんショットの方向性も失われ、ミスショットに繋がります。落下地点が見えないことで不安な気持ちになりますが、いつも通りのリズムでスイングすることを心がけてください。

POINT.1

いつも通りのリズムとスイングを心がける

いつも通りのリズムとスイングを心がける

状況に流されずに、いつも通りのリズムとスイングを心がけましょう。


松本進コーチのアドバイス

松本進コーチのアドバイス

ティーショットでボールの落下地点が見えないと、弾道をイメージしづらく、頭の中でイメージを作ったうえでスイングに臨まなければならず、非常に難しい状況です。今回のケースでは、その状況にプラスしてドッグレッグのレイアウトになっています。ドッグレッグホールではコーナー方向を狙うとトラブルになりやすく、無理にショートカットを狙うと大叩きしてしまう可能性があるので注意が必要です。風向きやコースの状況を冷静に判断し、常にピン方向を狙うのではなく、ドッグレックの逆サイドの広いエリアを狙ってリスク回避することも必要です。

POINT.1

リスクの少ない安全なサイドを狙う

リスクの少ない安全なサイドを狙う

確実に前へとボールを進めるためにも、無駄なリスクを避け、安全策をとってショットに臨みましょう。


ページの先頭へ
ページの先頭へ