飛距離アップの法則

飛距離アップの法則

動画を見る

馬場由美子プロのアドバイス

馬場由美子プロのアドバイス

飛距離を伸ばすことは、コース攻略を有利に進める重要な要素でもあり、誰もが追い求めるテーマでもあります。しかしながら、飛距離を伸ばすことを意識しすぎて、不用意に力が入り、テイクバックが大きくなりすぎた結果、飛距離が伸びず、思い通りの結果に結びつかないことはよくあることです。そのような時こそ、いつも通りのスイングを心がけ、的確にヘッドの芯へ当てることを意識してください。無理に飛距離を伸ばそうとするのではなく、ボールを芯で捉えることに意識を向けることで、スイングが乱れることもなく、普段よりもボールが飛ぶ可能性があります。

POINT.1

飛ばすことを意識しすぎない

飛ばすことを意識しすぎない

力みは悪い結果を招く原因になります。飛距離を伸ばすことよりも、飛距離をロスしないことを意識することが大切です。


松本進コーチのアドバイス

松本進コーチのアドバイス

飛距離を伸ばそうとする時にありがちなのが、より大きくクラブを振って、身体の回転をより速くしようとすることです。しかしそれではブレも大きくなり、悪いインパクトや振り遅れの原因にもなります。また、方向性も誤ってしまう可能性があります。飛距離を伸ばすには、クラブを大きく振り回すのではなく、バックスイングでためた力を逃さずボールへ伝える必要があります。その時に重要なのは「地面を蹴る力」です。上半身と下半身の捻転差を利用して飛距離を出すのですが、そのねじれを解放させるときに地面を蹴ることにより、そのパワーをロスなくボールに伝えることができるのです。スイングを見直すのは勇気が必要ですが、タイミングとコツさえつかめれば、今までよりも飛距離をアップさせることが可能です。

POINT.1

打つ瞬間に、身体の回転に合わせて地面を押す

打つ瞬間に、身体の回転に合わせて地面を押す

上半身と一緒に下半身も回転すると力が逃げてしまいます。上半身の回転に合わせて地面を押す事で、上手く力がボールに伝わります。


ページの先頭へ
ページの先頭へ