ティーショットの戦略

ティーショットの戦略

ティーショットの戦略

ティーショットの戦略

ティーショットの戦略

動画を見る

小林正則プロのポイント

小林正則プロのポイント

ゴルフにおいて、飛距離は大きなアドバンテージになります。飛距離があれば戦略の幅は広がり、他のプレーヤーよりも有利にプレーを進めることができます。しかし、飛距離を活かすには、それに見合ったショットの精度が必要です。人よりも飛距離がある分、少しの方向のズレが思わぬトラブルになることもあります。今回のように左ドッグレッグのティーショットでショートカットを狙う場合、飛距離以上に大切なのがボールの弾道の「高さ」です。飛ばすことばかりを意識しすぎて、ボールに高さが出なければ、林の中に打ち込んでしまい、バーディーどころかパーセーブも難しい状況になってしまいます。最低でも林を越える高い弾道のショットを打つ必要があるので、上級者はしっかりと高さの打ち分けができる練習もしておく必要があります。


馬場由美子プロのポイント

馬場由美子プロのポイント

ドッグレッグホールでは、曲がる側のコーナーの反対側を狙うのがセオリーです。ピンに少しでも近づけようと、コーナーギリギリを狙うアマチュアゴルファーをよく見かけますが、少しでもコーナー側に曲げてしまうと、林がスタイミーになりセカンドショットでピンを狙うことができなくなります。ゴルフの戦略で大切なのは、パッティングまでを視野に入れた計画性です。そのホールにおいて「何打目で勝負をするのか」を見極め、ベストな状況に繋げるための戦略を組み立てることが大切です。また、ミスをする可能性も視野に入れ、たとえミスショットが出たとしても挽回できる方向にターゲットを設定することも大切です。


松本進コーチのアドバイス

松本進コーチのアドバイス

今回、馬場由美子プロは確実に2オンを狙う戦略を選択、一方の小林正則プロはドライバーの飛距離を活かして、イーグル狙いの林越え1オンという戦略を選択しました。コース攻略は、プレーヤーの技量や持ち球に応じてさまざまな選択肢がありますが、その戦略を活かすうえで、ティーイングラウンドの立つ位置はとても大切なポイントになります。フェアウェイ右サイドを狙う馬場プロは、ターゲットが広く見えるようティーイングラウンドの左側にティーアップし、小林プロはボールの高さを活かすために、林から一番遠い位置であるティーイングラウンドの右側へティーアップしました。もし逆の場合、馬場プロは視界が狭くなってしまい、小林プロは高さが足りず林に打ち込んでしまう危険性があります。このようにプロゴルファーは、自分の戦略に応じてティーイングラウンドを最大限活用していることが分かります。ティーイングラウンド内のわずかな差ですが、見える景色が変わるだけで、その後のショットにも大きく影響を及ぼします。皆さんもティーショットの戦略を練る際は、そういった細かな部分にも目を向けて選択するように心がけましょう。


ページの先頭へ
ページの先頭へ