ロングホールのティーショット

ロングホールのティーショット

ロングホールのティーショット

ロングホールのティーショット

ロングホールのティーショット

動画を見る

小林正則プロのポイント

小林正則プロのポイント

ロングホールのティーショットで遠くに飛ばすためにはキャリーが必要です。そのキャリーを出すためには、高弾道の球を打つことが重要です。最近はクラブの性能も上がり、簡単に高弾道のショットが打てるようになりました。その性能を活かした上で、より高い球筋のショットを打つためのポイントがティーの高さです。いつもよりも少しティーアップを高くすれば、ボールが上がりやすくなり、キャリーも出やすくなるでしょう。しかし、すぐに実践で試すと、インパクトがずれてしまいミスショットの原因になる可能性もあるので、普段の練習で慣らしておくことをおすすめします。滞空時間が長い分、風の影響を受けやすいので注意が必要ですが、状況に応じて打ち分けることができれば、戦略の幅も広がることでしょう。


馬場由美子プロのポイント

馬場由美子プロのポイント

ロングホールのティーショットは、飛距離が求められる場面です。私の場合、ロングヒッターではないので戦略が必要になります。今回のような、しっかりと距離のあるロングホールでは、セカンドショットでも距離が残ります。クラブもフェアウェイウッドを選択する可能性が高いでしょう。その場合、残りの距離だけでなく、アンジュレーションや芝の状態なども重要になります。飛ばしてピンに近づけることばかりを考えるのではなく、セカンドショットのことも考えてターゲットを決めることが大切です。ロングホールでのミスショットは、スコアにも大きく影響します。全体の流れをイメージしてショットに臨みましょう。


松本進コーチのアドバイス

松本進コーチのアドバイス

ゴルフをされる方なら誰もがボールを遠くに飛ばしたいと考えるでしょう。特にティーショットで上手く打てた時の爽快感は、ゴルフの醍醐味の1つです。しかし、飛距離だけを追い求めてもゴルフで良いスコアが出るとは限りません。特にロングホールでバーディーを狙うのであれば、次のショットにどう繋げるのかが大切になります。今回はストレートなレイアウトのホールでしたが、ドッグレッグやアンジュレーションなどによって戦略は大きく変わります。「残り距離をどう残せば得意なクラブで打てるのか?」「どこに着ければ次のショットが安定して打てるのか?」など、次のショットのことも考えながらプレーすることが大切です。


ページの先頭へ
ページの先頭へ