スイング矯正術

スイング矯正術

スイング矯正術

Lesson.105

小林正則プロ・馬場由美子プロ・松本進コーチが、スイング矯正術をレッスン!緊張する場面で安定したショットを打つための調整法をご紹介。


小林正則プロのポイント

小林正則プロのポイント

4日間のトーナメントを戦っていると、日を追うごとに疲労が溜まり、スイングのバランスも崩れてきます。そのような時に気をつけていることは、スイングの「タイミング」です。朝の練習では、その日のベストタイミングを見つけられるように調整しています。僕の場合、力を抜くのが得意ではないので「力を抜いて打つ」ことよりも「柔らかくスイングする」ということを意識しています。また、緊張や迷いが生じると、スイングも中途半端になりショットが安定しないので、フィニッシュの位置を決めて、最後まで振り抜くことを心がけています。

小林正則プロのポイント

小林正則プロのポイント


馬場由美子プロのポイント

馬場由美子プロのポイント

私の場合は、勝負所になると緊張して上半身に力が入ってしまいます。そのような状態では、なかなか思ったようなショットが打てません。そこで普段から心がけているのが、アドレスの際に下半身に力を入れ、上半身はできるだけリラックスした状態で打つことです。それでも緊張がほぐれない場合は、一旦全身にわざと力を入れた後、一気に脱力させます。それを繰り返すことにより、反動で緊張していた筋肉をリラックスさせることができます。皆さんもぜひ、コース内で緊張が解けない場合に、一度試してみてください。

馬場由美子プロのポイント

馬場由美子プロのポイント


松本進コーチのアドバイス

松本進コーチのアドバイス

馬場由美子プロのようにフィジカル面でリラックスさせる方法と、小林正則プロのようにメンタル面での迷いや身体のバランスを修正する方法があるように、プロの選手も自分流の方法で緊張している時のリラックス方法を見つけています。勝負所で身体が硬くなってしまうタイプや、迷いが生じてスイングが安定しないタイプなど、自分の緊張した時のプレーやミスを思い返して、自分に合ったリラックス法を見つけることが大切です。それにより、勝負所でも良いルーティーンでショットに臨む事ができるでしょう。

松本進コーチのアドバイス

松本進コーチのアドバイス


ページの先頭へ
ページの先頭へ