ショットに入る前のルーティーン

ショットに入る前のルーティーン

動画を見る

POINT.1

打ちたいボールのイメージをする

ボールをセットしたら、ボールの後ろに立ち、ホールを見渡して自分がどのようなボールを打ちたいか、どの方向に打ちたいかをイメージして素振りに入りましょう。

POINT.2

他のショットも同じリズムで打つ

ドライバーに限らず、フェアウェイウッドやアイアンに関しても同じルーティーンで打つことが大切です。自分のテンポ・リズムを掴むことで、良い流れでショットに臨むことができます。


POINT.3

もう一度打つ方向を確認してイメージする

素振りが終わり、距離感と方向が決まったら、もう一度ホールを見渡して、自分のショットのイメージを再確認しましょう。素振りの後にもう一度確認することで、よりショットのイメージを明確にします。

POINT.4

自分に合ったルーティーンを見つける

プロのルーティーンも、人により異なります。自分の好きなプロゴルファーのルーティーンを真似するのも一つの方法かもしれませんが、他のプレイヤーのルーティーンも参考にした上で、自分なりの良いリズムとテンポのルーティーンを見つけ出すことが大切です。


ページの先頭へ
ページの先頭へ