林の中からの脱出

林の中からの脱出

動画を見る

馬場由美子プロのアドバイス

林に入ってしまった場合、無理なショットをしてボールを前に進めるのではなく、まずは林から脱出することだけを考えることが大切です。足場も悪いうえに、枝や葉で前方の視界も制限されてしまうので、いつも通りのショットをするとボールが高く上がってしまい、木や枝葉にボールが当たってしまう可能性があります。枝や葉を避けて脱出するためには、出来るだけ低い弾道のボールを意識して打つことが大切です。

POINT.1

林から脱出することだけを考える

林の中に入ってしまったら、次のショットのことは一旦忘れて、林の中から脱出することに意識を集中する。

POINT.2

低い弾道のショットを意識して打つ

前方の枝や葉に当たらないよう、大きい番手のクラブを短めに握り、ボールの位置を右寄りにセットすることで低い弾道のショットを打つこと。


松本進コーチのアドバイス

プロゴルファーにとっても、林の中からのショットは容易ではありませんが、ボールをコントロールする技術を持っているので、狙いさえ定まればそこに向けて打つことが可能です。しかし、アマチュアゴルファーの場合、ボールの高さを計算して打つのは難しく、特に林の中になると、上を意識しすぎて手前の山に当たってしまうことがよくあります。まずは視界の開けた場所へとボールを出すことを考え、出来るだけ少ないリスクで脱出することを考えましょう。

POINT.1

最低限超えるべきターゲットを明確にする

前方の枝や葉を避けて低い弾道のショットを打とうと意識しすぎて、トラブルショットを2度打つことにならないように、最低限クリアすべきターゲットを明確にしてショットする。


ページの先頭へ
ページの先頭へ