急こう配からのトラブルショット

急こう配からのトラブルショット

動画を見る

馬場由美子プロのアドバイス

馬場由美子プロ

急こう配からのトラブルショットはプロでも簡単ではありません。傾斜によってバランスを取るのが難しく、ミスを取り戻そうと焦る気持ちもあるのでスイングが大きくなり、続けてミスショットしてしまう原因になります。ミスを続けないためには、1、2番手大きめのクラブを使い、7、8割程度の力で余裕を持ってスイングすることを心がけてください。また、つま先下がりのショットは右へボールが流れるので、打つ方向もしっかりと確認しましょう。

POINT.1

大きめの番手で余裕を持って打つ

大きめの番手で余裕を持って打つ

大振りのショットはミスに繋がる原因になるので、大きめの番手で余裕を持ってスイングをしましょう。

POINT.2

下半身をしっかりと安定させる

下半身をしっかりと安定させる

不安定な場所なので、下半身をしっかりと安定させて、身体のバランスを崩さないスイングを心がけてください。


松本進コーチのアドバイス

松本進コーチ

今回のような、急こう配でつま先下がりの傾斜では、身体のバランスを取ることが大変難しくなります。そのために、コンパクトなスイングをしようとしてグリップを短く握ってしまいがちですが、それでは体とボールとの距離が短くなり、余計に身体が前へと倒れ込んでしまいます。そこで、傾斜が強くバランスがキープできない場所では、クラブをあえて長く握って、身体のバランスをキープすることを心がけた方が、良い結果に繋がります。

POINT.1

クラブをあえて長く握る

クラブをあえて長く握る

身体が前に倒れないよう、クラブをあえて長く持って、身体のバランスをキープすることに重点を置いてスイングしてください。


ページの先頭へ
ページの先頭へ