良い流れを逃さない方法

良い流れを逃さない方法

動画を見る

馬場由美子プロのアドバイス

馬場由美子プロ

ゴルフを続けていると、会心のショットが続いたり、ロングパットが入ったりと、想像以上のパフォーマンスを発揮できることがあります。そんな時は、嬉しい反面「スコアを落としたくない」という大きなプレッシャーを抱えてしまいます。そうなってしまうと、せっかくの良い流れを自ら逃してしまう原因にもなります。常に気持ちに余裕を持って、平常心でプレーすることを心がけることが大切です。

POINT.1

余計なプレッシャーを抱えない

余計なプレッシャーを抱えない

想像以上の成績が出てもプレッシャーを抱えず、平常心を保ってプレーを続けることが大切です。


松本進コーチのアドバイス

松本進コーチ

想像していた以上の結果が続くと、どうしても欲が生まれ、順位やスコアの事を考えてしまいます。そうなると気持ちは守りに入ってしまい、無駄に距離を刻んだりして、安全にプレーしようとしてしまいがちです。良い流れがあるのは調子が良い証拠なのですから、そんな時こそ流れに乗って、いつも通りの戦略で攻め、調子が悪くなれば安全策に切り替える位の気持ちで臨みましょう。

POINT.1

いつもの選択とペースを守る

いつもの選択とペースを守る

予定を変更して安全な逃げ道を探すのではなく、普段通りの戦略でプレーを続けましょう。

POINT.2

攻めと守りの姿勢を使い分ける

攻めと守りの姿勢を使い分ける

「調子が良い時は攻める」、「調子が悪い時は安全に」。この2つの姿勢を使い分けることが、良い流れを持続させるポイントです。


ページの先頭へ
ページの先頭へ