クラブセッティングの考え方

クラブセッティングの考え方

動画を見る

馬場由美子プロのアドバイス

馬場由美子プロ

最近では、ユーティリティやショートウッドなど選択肢も増えて、私達プロゴルファーでもクラブセッティングには頭を悩ませます。クラブセッティングで大切なことは、自分のプレースタイルを確認し、どのような球筋で攻めていくのかをはっきりさせることです。打てないクラブを飾りとしてバッグに入れておくのはもったいないので、14本全てを使いこなせるクラブセッティングを自分なりに見つけてください。

POINT.1

自分のプレースタイルに合わせたクラブを選ぶ

自分のプレースタイルに合わせたクラブを選ぶ

自分のショットの性質やスイングを理解し、必要のないクラブを外して、自分のプレースタイルに合わせたクラブを選びましょう。


松本進コーチのアドバイス

松本進コーチ

クラブをセッティングする際に必要な事は「自分のセッティングが最良の組み合わせ」だと固執した考えを持たないことです。プロが使っている最新のクラブが合っているとは限りませんので、それを真似したところで良い組み合わせとは言えません。まずは自分のスイングやプレーに合わせたクラブを実際に試す事が大切です。また、コースの環境やレイアウト、芝の種類や風の影響によってクラブを選ぶのもゴルフの楽しみです。飛距離優先で攻めていくことが必要なのか、高い球筋のボールが求められているのか、コースの形状に応じてクラブセッティングを替えていくことで、今よりもワンランク上のゴルフができるようになります。

POINT.1

様々なクラブを試す

様々なクラブを試す

現状のクラブセッティングが、必ずしもベストな選択というわけではありません。常に新たなクラブを試すことが大切です。

POINT.2

コースの環境に合わせたセッティングをする

コースの環境に合わせたセッティングをする

どんな球筋が要求されるのか、風の強さやコースレイアウトを確認し、クラブセッティングすることが大切です。コースに応じてクラブセッティングを替えるというのもゴルフの楽しみの一つです。


ページの先頭へ
ページの先頭へ