セカンドショットの選択肢

セカンドショットの選択肢

動画を見る

馬場由美子プロのアドバイス

馬場由美子プロ

セカンドショットは、スコアメイクにつながる大切なショットです。正確なショットを放つことが出来れば、バーディーチャンスに付けることも可能です。しかし、少しのミスでピンチを迎えることもあります。特に打ち上げのセカンドショットでは、ピンの位置を事前に確認していても、ピンが見えないのでミスショットになる場合があります。そのような場面では、OBのような一番やってはいけないミスを避けることだけを考えましょう。グリーン奥は狭くOBになっているコースが多いので、まずはグリーンをオーバーしないことを考え、そこからどれだけピンに寄せれるのかを考えることが大切です。

POINT.1

グリーンをオーバーしないよう心がける

グリーンをオーバーしないよう心がける

グリーン奥は狭く、OBになるところが多いので、グリーンオーバーだけは避け、まずはOBのリスクを回避することが大切です。


松本進コーチのアドバイス

松本進コーチ

セカンドショットでありがちなのが、距離感のミスをしてしまうことです。ピン位置をしっかりと確認してショットをしたのに、グリーンをオーバーしたりショートしたりすることが良くあります。特に打ち上げの場合は、上り分を考慮して、1番手大きめのクラブを選択するプレーヤーも多いことでしょう。しかし、大きめのクラブで打ってはグリーンを超え、OBに繋がる可能性があります。最悪の状態を避けるためには、グリーン乗せることを第一に考え、あまりピンポイントに狙いすぎないことが大切です。

POINT.1

リスク回避を第一に考える

リスク回避を第一に考える

セカンドショットで一番やってはいけないミスが何なのかを考え、ミスしても最小限で抑えられるショットを選択することが重要です。


ページの先頭へ
ページの先頭へ