OB打ち直しの選択

OB打ち直しの選択

動画を見る

馬場由美子プロのアドバイス

馬場由美子プロ

一度OBを打ってしまうと、打ち直しのショットも意識をしすぎてミスを繰り返し、連続でOBを打ってしまいかねません。OBを打ってしまった後は、ターゲットを狭くして自分にプレッシャーをかけるのではなく、シンプルにフェアウェイの真ん中を狙うことに意識を集中させましょう。

POINT.1

シンプルにフェアウェイ真ん中を狙う

シンプルにフェアウェイ真ん中を狙う

ミスショットした方向を意識し過ぎてターゲットを狭くするのではなく、シンプルに真中を狙う気持ちでショットに臨みましょう。


松本進コーチのアドバイス

松本進コーチ

OBを打ってしまったプレイヤーを見ていると、ミスしたショットと同じ場所から何も変えずに打ち直しをするプレイヤーを多く見かけます。しかしながら、同じ場所から何も変えずに同じショットを行うと、往々にして同じミスを引き起こしてしまいます。大切なのは「打ち直し」をするのではなく、一旦リセットして「新しいショット」として仕切り直すことです。同じ場所から打ち直しをするのではなく、ティーアップの位置を変えてみてください。そうすることで、そこから見える景色も少し変わり、意識として「打ち直し」ではなく、「新しいショット」として捉えやすくなるでしょう。

POINT.1

違う場所にティーを挿し直す

違う場所にティーを挿し直す

頭の中で、これは打ち直しではなく新たなショットだと認識させるため、ティーの場所を変えて仕切り直すことが大切です。

POINT.2

普段通りのルーティーンを心がける

普段通りのルーティーンを心がける

気持ちの焦りから、すぐに打ち直すのはミスを再発する原因です。普段通りのルーティーンを行い、気持ちを落ち着かせることが大切です。


ページの先頭へ
ページの先頭へ