ロングホールのセカンドショット

ロングホールのセカンドショット

動画を見る

馬場由美子プロのアドバイス

馬場由美子プロ

ロングホールのセカンドショットでは、リスクをとって2オンを狙うのか、3オンで確実に攻めていくのか、どちらを選ぶのか判断を求められます。セカンドショットでグリーンを捉えることができれば、ビッグチャンスに繋がりますが、闇雲に攻めるだけではチャンスは広がりません。池やバンカーの配置などコースレイアウトと残り距離、風の強さ・方向などあらゆる情報を分析して決断することが求められます。確実に3オンを狙う場合には、サードショットでピンそばに付けられるように、ピン位置から逆算してターゲットを決めてショットすることが大切です。

POINT.1

グリーンが狙いやすい場所を確認する

グリーンが狙いやすい場所を確認する

3打目でグリーンが狙いやすく、余裕を持ってショットができる場所をしっかと確認することが大切です。


松本進コーチのアドバイス

松本進コーチ

ロングホールのセカンドショットでは、無理に勝負にこだわり過ぎるのは危険です。ミスする可能性が高いと思う場合は、刻んで確実にボールを前へ進めることが大切です。その際に重要なのは距離の残し方です。出来るだけグリーンに近づけて、3打目は楽にアプローチをしたいところですが、それは自分にとって本当に得意な距離なのかをもう一度考えましょう。プレーヤーによっては、30〜40ヤードのハーフショットよりも、もう少し距離を残して、80〜100ヤードでフルショットできる距離を残したほうが打ちやすいという方も居るはずです。得意な距離を残すことで、気持ちの面でもゆとりを持ってサードショットに臨むことができることでしょう。

POINT.1

自分の得意な距離を把握しておく

自分の得意な距離を把握しておく

普段の練習などで、より確実に狙えるアプローチの距離を把握しておき、その距離が残せるように狙い所を定めましょう。


ページの先頭へ
ページの先頭へ