弾道の打ち分け方

弾道の打ち分け方

動画を見る

馬場由美子プロのアドバイス

馬場由美子プロ

ラウンド中には、いつもと違う球筋のショットが要求される場面があります。特に向かい風が強い状況では、風の影響を受けないために、低い弾道のショットが求められることも。しかし、いつもと違う事をするのは、プロでも難しく、失敗するリスクも大きくなります。無理なスイングでミスショットをしないためには、テイクバックはいつも通りに行う必要があります。重要なのは、ボールに当たった後のフォロースルーです。高い弾道を打つためには、斜め上に向かって大きく振り抜き、低い弾道を打つ際は、低く振り上げ、クラブを前に押し出す感覚でフィニッシュする必要があります。簡単なことですが、それだけでも充分に弾道は変わります。慣れてくると、ボールの位置を少し調節するだけで、弾道の打ち分けができるようになるでしょう。

POINT.1

クラブを押し出す方向を調整する

クラブを押し出す方向を調整する

高い弾道を打つ際は、上に向かって大きく振り抜き、低い弾道を打つ際は、クラブをあまり振り上げず、前に押し出す感覚でフォローすれば、弾道の高低差が生まれます。


松本進コーチのアドバイス

松本進コーチ

弾道を打ち分けるためにいつもと違うスイングをするには、十分な練習や経験が必要になります。一般のプレーヤーが真似をしても、ミスを招く原因になります。弾道を自由自在に操り、世界で活躍したアーニー・エルスというプレーヤーに「どのように弾道を打ち分けるているの?」と質問してみると、彼は「イメージ」、と一言。彼の言う通り、難しいことをする必要はありません。素振りの際にどのような高さの球筋を打ちたいかを目で見て、イメージすることが大切です。たったそれだけですが、イメージした軌道を目で追うことにより、自然と身体はその方向にスイングし、ショットにも充分反映されることでしょう。

POINT.1

素振りの際に打ちたい弾道をイメージする

素振りの際に打ちたい弾道をイメージする

素振りの際に、自分の打ちたい球筋をしっかりとイメージしてショットに臨むことが大切です。


ページの先頭へ
ページの先頭へ