ユーティリティ活用術

ユーティリティ活用術

動画を見る

馬場ゆかりプロのアドバイス

馬場ゆかりプロ

最近では、ほとんどのプロがクラブセッティングの中にユーティリティを入れています。飛距離と高さの両方を出せるので、様々な場面で効果的に使うことができるからです。しかし距離が出る分、リスクも伴います。ユーティリティは、ボールがつかまりやすいようにデザインされており、その特性を知らないと、ターゲットよりも左に飛んでしまうことになります。フェアウェイウッドとは異なるクラブの特性を、十分に理解しておく必要があります。

POINT.1

ボールの状況を確認する

ボールの状況を確認する

アンジュレーションや芝の状況など、ボールの状態を確認した上で、スイングのイメージを決めましょう。

POINT.2

コンパクトに振り抜く

コンパクトに振り抜く

ボールがラフにある場合、芝の抵抗を極力無くすために、コンパクトに振り抜くことが大切です。


松本進コーチのアドバイス

松本進コーチ

ボールがラフにあった場合、これまではリスクを取ってロングアイアンを選択するか、ショートアイアンで刻んでいくしか選択肢がありませんでした。しかしクラブの進化により、ユーティリティクラブを活用することで、ラフからでもボールを上げやすく、距離のあるピンを果敢に攻めていくことができます。色々な状況で有効的に使えるユーティリティを使いこなすことができれば、コース攻略の幅も大きく広がります。

POINT.1

クラブの特性を理解する

クラブの特性を理解する

ユーティリティの特性を理解した上で様々な場面で使用し、効果的な活用法を見つけることが大切です。


ページの先頭へ
ページの先頭へ