池越えショットの注意点

池越えショットの注意点

動画を見る

POINT.01

計測した距離を信じて打つ

目の前に池が広がると、どうしてもピンまでが遠く思えてしまいがち。ピンまでの距離を計測したら、その距離を信じて、ボールが飛ぶイメージをしっかり持って打っていくことが大切です。

POINT.02

力を抜いて大きくゆったりと素振りする

遠くに見える目標に向かって打つ時には、しっかりと打たなければと思い、どうしても力みが入ります。その力みを抜くためにも大きく、ゆったりと素振りをしてリラックスすることが大切です。


POINT.03

ボールが飛ぶイメージをしっかりもつ

池越えと考えるとどうしてもプレッシャーがかかり力んでしまうので、目の前の池のことは忘れて、自分のイメージだけを描いてリラックスして普通のスイングを心掛ける。


ページの先頭へ
ページの先頭へ